消費者金融の金利

消費者金融の金利についてですが、法律上は20%以上の金利というのは認められないことになっているのですが、実際には20%以上の金利をつけている消費者金融も多くあると思います。

消費者金融の金利には下限金利と呼ばれる最高年利を適用して返済していく実績が上がると年利が低くなる金利と、上限金利といって、消費者金融の実質年率に大きく幅がある場合には、上限の金利を採用する場合の金利など色々と金利があります。
消費者金融の金利に関する法律というのは二つあります。出資法と呼ばれる法律と利息制限法と呼ばれる法律があります。消費者金融の金利で出資法の上限金利というのは29.2%と決められていて、これ以上の金利をつけた場合には出資法違反になり逮捕されますが、闇金などの裏金融はこれ以上の金利をつけているケースがほとんどです。

そしてもうひとつの消費者金融の利息に関する法律として利息制限法と呼ばれる法律がありますが、こちらは10万円未満の貸付には20%、100万円未満の貸付には18%、そして100万円以上には15%といった金利の上限が決められています。前回消費者金融の過払い請求という問題がありましたが、これは出資法上限金利と利息制限法の上限金利の差が9.2%あり、9.2%分を支払い過ぎているということになり、消費者金融へ過払い請求をすれば返還してもらえるというものなのです。

10年以上たってしまった場合には、過払い請求の時効となって無効になりますが、もしも消費者金融に金利を支払い過ぎていると気がついた場合には請求可能です。消費者金融を利用する際にはいろいろと比較すべき点があると思いますが利息というのは必ず比較して欲しい点のひとつです。

利息は、長期間借りれば借りるほど、借入額が多ければ多いほど、重要なポイントになってきます。利息は低ければ低いに越したことがありませんから、消費者金融で借入をするという場合には利息の低い所を選ぶようにした方がいいでしょう。

消費者金融で利息の低い所を探すとなると色々と比較が必要になってきます。一般的に銀行系の消費者金融の場合には金利が低いといわれていて、街金などになると金利が高いといわれています。金利が低ければ審査が厳しいですし、金利が高ければ審査が甘いという比例になっていますから、よく考えたうえで消費者金融の金利を確認しましょう。
プロミスの借金を時効にしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です