中年太りの友だちがダイエットに目覚めた!

小学生の頃から太り気味で、中学3年生になると80キロを超える巨漢になっていたという友だちのT君。
50歳という立派な中年期を迎え、さらに太って遂に100キロを超えてしまったのだ。

家族からは「狸の置物みたいね」「少し痩せたら!」「恥ずかしいからいっしょに歩かないでね」と罵詈雑言を浴びる毎日。

朝から丼飯を2杯もかき込み、昼食はラーメンとチャーハンを欠かさず、夕食はお代わり2杯で夜食にドーナツを食べる食生活は、聞くだけでも凄味を感じていた。

そんなT君がダイエットに目覚めたのだ!
会社の健康診断で「このままでは、命は長くありませんよ!」と宣告されことと、部下にかわいい女性社員が配属されてきたことがきっかけになったみたいだ。

動機はともかく、ウォーキングに筋トレ、間食を止めて、炭水化物中心の昼食から和食へ移行するなど、本人にとっては、大きな食生活の変換を実行に移したわけだ。とはいえ積年の体重はそう簡単に落ちるべくもなく、一進一退が続いている毎日だという。

今までの暴飲暴食のつけは、1~2ヵ月じゃ払拭できないって!最低でも半年計画でダイエットプランを立て、有酸素と無酸素の運動を取り入れながら、こつこつと毎日努力するしかないね。
半年後、ダイエットが成功し、見違える身体になったT君に会いたいと思った。陰ながらダイエットの成功を祈っているね。
http://カロリナ酵素激安.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です